当院は、皮膚に関するあらゆる病気の治療を目指しています。
当院の治療方針は、「患者さん中心の医療」です。

「患者さん中心の医療」とは、治療方針を決めるときに、医師誘導型ではなく、患者さんの希望に沿って治療方針を決めていくことです。
そのためには、十分な医療情報を患者さんに説明し、ご希望をお聞きして、質問に答えながら、患者さんと医師とが相談しながら、より良い治療へと進んでいきます。

いわゆる昔の「すべてお任せします」という医師依存型の医療とは違い、そこには患者さんの自立と自己責任も生じます。

一緒に病気を治して行きましょう。
そして単に病気を治すのではなく、病気を持った人の社会復帰をサポートしたいと思って努力しています。

よしつぐ皮ふ科クリニック
院長 吉次 興茲

院長略歴

昭和45年3月
山口大学医学部卒業 附属病院研修医(皮膚科・麻酔科)
昭和47年4月
岡山済生会総合病院形成外科勤務
昭和54年7月
東京警察病院研修医、杉本美容形成外科研修医
昭和56年4月
岡山済生会総合病院形成外科主任
昭和61年4月
岡山労災病院形成外科初代部長
平成3年4月
徳山ニュークリニック開院
平成18年8月
よしつぐ皮ふ科クリニック開設

専門医・資格など

  • 岡山大学医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 徳山医師会監事
  • 全日本カウンセリング協会準カウンセラー
  • 元日本美容外科学会理事

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本褥瘡学会中国四国地方会

院長略歴

理念・院是

  • やめる人にこころの安らぎを
  • 地域の皆様に医療奉仕を
  • 自分於仕事に誇りと責任を

スタッフ情報

看護師
2名
事務職
2名